スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鳥見のマナーとは?

先日のサンコウチョウさんの記事。
>> サンコウチョウさん その1 <<
>> サンコウチョウさん その2 <<

以前、ある方のブログに写真の場所を特定するようなコメントを書いて、
そのことについて指摘をいただきました。
沿線情報誌や電車の中吊り広告にも載るような場所であったということ
コメント先のブログを訪れる方はマナーを弁えている方々であるという認識
が、検索などでそこに辿り着く人もいるという事はあまり考えていなかったのと
そのブログの管理人さんの考え方を考慮しない不用意なコメントであったと反省しました。

珍しい鳥さんやお花などの情報はこの世界では瞬く間に広がります。
うちの近くの公園にヤツガシラさんがやってきた時のこと
普段は比較的閑散としているその公園が騒然となったという記事を目にしたこともあります。


私はブログに写真を撮影した場所を書く事が多いです。
行く場所がかなりメジャーな公園などであること。
撮る写真に人が押し寄せるような珍しい種類の物がないこと
それが記載している理由です。

今回に関しては、当初は本文中にはサンコウチョウさんを見た場所を記載しませんでした。
(不用意に他の方のブログにコメントに書いてしまいましたが。。。)
そのサンコウチョウさんの滞在も土曜日で終わりとなったようです。
見に行った場所と言うのは大阪城公園でした。


この大阪城公園の公式HP内からリンクが貼られているブログには以下の記載があります。
鳥見のマナーに関する内容でした。

「サンコウチョウさんを見たい方はここに見に来てください」という書き出しです。
その意図は…

サンコウチョウさんは比較的人に近い場所で繁殖をする。
そこへ押しかけることは絶対にしてはいけないこと
それならば、渡りの中継地点となっているこの場所で見ればいい
そういう意味での記載です。
ドヤドヤと無作法に押しかけていいという意味ではありません。
最低限のマナーは守らなければなりません。

そう言いつつ、私もやらかしてしまいました。
土曜の始発電車で出掛けて、大阪城に着いたのは5時30分。
先客はわずかに1人だけでした。
おはようございますと挨拶をして、状況を確認。
今日も居てるとの返事に撮影を始めたわけですが、
他の方とは違って三脚にバズーカのような望遠レンズなど持っていない私は
撮りたいという思いでちょっとサンコウチョウさんに近付きすぎたようです。
その方から「それ以上前に出ると降りてこなくなるよ」と注意を受けました。
基本的に高い所に居てるサンコウチョウさんですが、たまに下の方に降りてきます。
それでも、人が近くに居てると警戒してしまう。
当然のことなんですが、夢中になるとダメですね。。。
その人の言いようは決してきつくなく、アドバイスという感じでした。







6時半頃から続々と人が集まり始めて、私が帰った7時半には20人以上居てたかと。
今回に関してはマナーの良い方々ばかりでした。
それが本来あるべき姿なんでしょうが…

ここでのサンコウチョウさんの行動範囲は20~30m
その範囲をサンコウチョウさんが移動するのに合わせて人間達も移動するわけなのですが、
極力静かに、そして、確実に距離を保っているのが分かりました。

幾らマナーを守っても、鳥さんからすれば我々は迷惑な存在なのかもしれません。
が、鳥好きな人はやはり写真を撮りたくなるし、
居てるの知ってしまえば見に行ってしまうものです。
それならば、なるべく鳥さんを怖がらせない注意を!

ここのサンコウチョウさんには大勢の人影が確実に視界に入っていたはずです。
それでも、20~30mの範囲内に1日中、
8日間も居続けたのは集まった人間達の存在が
身に迫る脅威にはならなかったということかな…?

唯一、サンコウチョウさんにとっての利点となったのは以下の点?
何度か目撃されたというサンコウチョウさんがカラスさんに追われる姿
人が大勢居てたせいでカラスさんがあまり近寄らなかったことで危険が減った
人間側の言い訳なのかもしれませんがね。


本文の趣旨とは関係ないのですが、
サンコウチョウさんの居てるちょっと手前で見かけたキツツキガラスさんの動画です。
文字ばかりやと眠くなるのは私だけ?
動画:キツツキガラスさん
頭上でコンコンコンコン!と樹を突付く音!?
降ってくる葉っぱや枝を払いつつ、「キツツキさん?」そう思って見上げると…
カラスさんが樹をトントンとつついていました(⌒⌒;;)
近付く人間を追い払おうとしてたのかしら?



私は鳥見のために人が集まっているような場所には
今回を除いて4回しか出くわしたことがありません。
その4回のうち、3回はかなりマナーが悪い人達を目撃することとなりました。
他の人が近づくと縄張りを主張するが如く威嚇して場所を独占したり、
三脚禁止の立て札の真横で三脚を立てて撮影する人達…
酷かったのは目的の鳥さんの撮影の邪魔になるからなのか?
近づくカモさんに石を投げつけて追い払う始末。。。

人見知りなので始発に乗って出掛けたと記事(コメント)には書いた訳ですが、
実はこうして嫌~な思いをしたくないというのも人が少ない時間帯を選んだ理由でした。


それに対して、1度だけ嫌な感じを受けなかったのが、
3月末に記事にした服部緑地での出来事。

>三脚を立てたカメラマンがたくさん居てました!!
>いったいどんな鳥さんが居てるのかと聞いてみると…
>バンちゃんでした

と記事に書きました。
素人レベルではありますが、鳥さん好きな私には
「バンちゃん」見たさに大勢のカメラマンが集まるというのが腑に落ちず
家に帰ってすぐにネットで調べてみた結果、
”サンカノゴイ”という絶滅危惧種の鳥さんがお目当てなんだと分かりました。
悪く言えば騙された訳ですが、素性もしれない人間に本当の事を教えると
とんでもない事態になるかもという思いでのことかと勝手に解釈しました。
そういう意図であるという認識で、私もシラッとバンちゃん目当てと書いてみた訳ですm(__)m
ちなみにこのサンカノゴイさんの目撃情報は3月上旬を最後に途絶えています。
今では別の場所に移動していると思われます。

ここで三脚を立ててカメラを構えていた人たちは、
そのポイントの柵の手前に陣取ってズラッと並んでいました。
が、最初にそれを見た瞬間に感じた大きな違和感。
そのポイントのおそらく一番良い撮影場所であるはずの中央部分のみ
ぽっかりと3人分くらいのスペースが空いていたこと。
私はその隙間を狙ってちょっと後ろからバンちゃんを撮影して帰りました。

当時は違和感を覚えただけではっきりと分からなかったのですが、
私のようにあとから来た人が撮影できるようにその空間が空けてあったのでは…?
たまたまなのかもしれませんが、そういう配慮がなされていたとすれば。。。


鳥身のマナーとはこうした人間同士のマナーもあります。
でも、やはり一番必要なのは鳥さんに対してのマナーですね。
サンコウチョウさんやサンカノゴイさんのような珍鳥や希少種が相手の場合だけではなく、
どこででも見かけるスズメさんやハトさんの場合も同様のマナーが必要ですね。


こんな風に偉そうに書いている訳ですが、私も気をつけねばならない点が多々…
その存在に気付かずに近付いてしまう場合は仕方ないと言い訳も立つところですが、
ちょっと深追いしすぎて怖がらせてしまうことも。。。
子育ての始まるこの時期は特に注意が必要だと再認識した今回の鳥見でした。
関連記事

おはようございます~♪

野鳥を撮る事って簡単なようですが、マナーが大事ですよね。
私も以前はよく野鳥を撮っていたのですが、やっぱり色々あって、最近は遠のいています~(汗)
嫌な思いをしながらまで、撮りたいとも思いませんしね。
あきさんの思いに同感ですよ~。
[ 2010/05/18 10:03 ] [ 編集 ]

♪♪♪♪♪ sin001さんへ ♪♪♪♪♪

こんにちは~

そうなんです。マナーは大事。
そうは言いながら、近付き過ぎて鳥さんを驚かせてしまうこともままあります。
頻繁に行く場所では行動範囲も把握できているので先回りして待ち構えています。
大きな動きをしなければ、先客として居てる人間にはそれほど恐怖を感じないのか
鳥さんの方から近付いて来てくれたりします(^-^)/
動く物が近付いて来るのが嫌なようですね!

そういえば、sin001さんは鳥さんの記事が少なくなったなと感じていました。
本文中に書いた石を投げてカモさんを追い払う3人組…実は緑ヶ丘公園で見かけました。
もしかしたら、同じ光景に嫌気がさしたのかとも…

私は行く場所を選びつつ、節度ある鳥見を心掛けるようにします。
[ 2010/05/18 12:32 ] [ 編集 ]

あきさんも、話題のサンコウチョウに会いに行ったのですね。
素敵な写真(↓)を見させてもらいました。
今回の‘鳥見のマナー’私もあきさんの意見に同感です。
鳥見をするだけのバーダーさんからすると、
カメラマンの非常識に嘆いている人がたくさんいます。
私も鳥達にできるだけストレスを与えないように
撮影をしなければと思います。
[ 2010/05/18 20:44 ] [ 編集 ]

♪♪♪♪♪ カラーさんへ ♪♪♪♪♪

こんばんは~

サンコウチョウさんに会えました♪
キレイでしたよ(^-^)/

鳥さんに全くストレスを与えずに鳥見をすることは無理かと思います。
それでも、マナーを意識することは大事ですね。
人に対するマナーも…
鳥見に限らず、日常生活でも同じことなんですよね
こうして書いていると当たり前に思える事がなかなか難しいんですが(^_^;)
[ 2010/05/18 21:30 ] [ 編集 ]

大変参考になる文章を読ませていただきました。鳥撮りに関わるマナーの問題は、難しく、わずらわしい面もありますが、大切なことなので、常に意識し、適切に対処しなければならないなあと感じています。「撮りたい」という欲との葛藤もあり、一筋縄ではいかないことですが、おろそかにはできませんね。肝に銘じたいです。
[ 2010/05/20 22:22 ] [ 編集 ]

♪♪♪♪♪ エリクソンさんへ ♪♪♪♪♪

こんばんは~

エリクソンさんのヤマセミの記事を読ませてもらって
煩わしい状況になっている感じを受けました。
人の集まる場所ではそんなこともあるんやな~と。。。

もっとキレイに鳥さんを撮りたいと思って追いかけることがよくあります。
「あ~、逃げられちゃった」という結果になる時は鳥さんを怖がらせているんですよね…
「欲との葛藤」
まさにその通りやと思います!
こうして文字にすることで少しでも自分自身の意識を強くしよう
そういうつもりで記事にしてみました。
[ 2010/05/20 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swan27aki.blog38.fc2.com/tb.php/3617-2ba00cd7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。